NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン14 #12 「癒えない傷」 ストーリー(ネタバレ注意)

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン14 #12 「癒えない傷」 ストーリー(ネタバレ注意)



原題:「 OFF THE GRID 」

あらすじは下へ
  (ネタバレ注意)
    ↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓

スポンサーリンク


(ざっくり短め)あらすじ要約街でとある男を見かけたギブスは、その男に話しかけるが、そのまま行方不明になってしまう。
ギブスの捜索を始めたNCISチーム。やがて、ギブスがかつて潜入捜査を行っていた時の関係者の男(ボディ)と行動を共にしている事を突きとめる。かつて取り逃がしてしまったその男の兄(放射性廃棄物強奪犯)を逮捕するため、ギブスは潜入捜査の続きを始めたのだった。
ギブスのサポートを始めるチーム。しかし、ボディの兄ラムゼイに連絡をとるところまで行ったが、そこでギブスが捜査員であることがバレてしまう。撃たれそうになったため、やむなくボディを射殺するギブス。
しかしバディの検死の結果、遺伝的な特殊な病気を持っている事が判明、稀有な病気であるため、その患者を調べてラムゼイの居場所を特定し、ラムゼイを逮捕した。盗まれた燃料棒も回収され、ギブスの正体をラムゼイにバラしたエネルギー省副長官も逮捕、政府を転覆させる目的でエネルギー省に入ったと自白した。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


詳細ストーリー(時系列)

■喫茶店

喫茶店で朝食を摂っているギブス、道路の向こうに居た男の姿を見て、店を出て尾行を始める。

男に話しかけるギブス、銃に手をかける男

ギブスの顔を見て驚く男、笑顔で会話する二人

■NCIS

傷心のビショップを気遣い花を持ってきたクイン

リーヴスとすれ違ったビショップは、チェンについての情報を尋ねる。

トーレスは花を自分が送ったように偽る

■ヴァンスとマクギー登場

ギブスが出勤してこない、彼に限っては異常な事なので、捜索せよと指示

■ギブスの家

留守宅を捜索するクイントビショップ
クインは過ってギブスの娘ケリーの形見の皿を割ってしまう

■喫茶店

ギブスの車が置きっぱなしになっているのを発見するマクギーとトーレス
店員は、ギブスがいつもよりおしゃべりだったと証言
アビーにギブスの携帯電話の位置を調べるよう伝えるマクギー
GPSによると、電話は店の向かいにあるという

■店の向かい側

ギブスの携帯に電話をかけるマクギー、呼び出し音は路上のゴミ箱の中からしていた

■NCIS

ギブスは携帯・財布・バッジなど身分が分かるものをゴミ箱に投入して行った模様─潜入捜査の可能性が高い

ゴミ箱付近の監視カメラ映像から、ギブスがカメラ目線でゴミ箱に財布を投入しているのが写っていた。(つまり意図的)

一緒に男と歩いて行くギブスの姿

■アビーのラボ

割ってしまった皿の修復を頼むクイン

ギブスと一緒に居た男(ウィットマン)が判明

■NCIS

15年前のギブスの潜入捜査について説明するヴァンス

ウイットマンの兄が放射性廃棄物を強奪し、隠した。ギブスが組織に潜入し、廃棄物の行方を探った。場所はラムゼイしか知らない。廃棄物は隠されたままラムゼイは行方不明になり、捜査は手詰まりとなったままだった。

唯一逮捕されたのが弟のボディで、兄を匿った罪で10年服役した。

■ガソリンスタンド

ボディに金を渡して給油させるギブス
ボディが車から離れた隙に通りがかりの女性に電話を借りてNCISに電話を入れた。
すぐにボディが戻ってきてしまったために話はできなかったが、マクギーが女性の電話に折り返し、ギブスを確認する。

■MTAC
かつての潜入捜査の関係者と会議
ギブスと一緒に行った同僚、エネルギー省副長官
同僚に、潜入捜査について詳しい情報を思い出してくれるよう依頼

■ギブスの居たガソリンスタンドに向かうマクギーとトーレス

安全運転のマクギーを、二度目の潜入捜査はリスクが高いとトーレスが説得、スピードを上げる。

■ボディの家

ラムゼイに連絡するよう指示するギブス
ギブスは放射性廃棄物を買い取る客を見つけたと騙してラムゼイの居場所を探ろうとしていた

■兄ラムゼイに合図を送ったあと、外出したギブスとボディ

通りで通行人にぶつかられるギブス

ギブスのポケットに偽造IDカードの入った財布と隠しマイクが入れられる。(ぶつかったのはトーレスだった)

■ボディの家

ラムゼイから電話、ギブスと話すが、後で電話すると切られる

■NCIS

リーヴスからチェンの情報を聞き出そうとするビショップ

「ギブスに知られたら俺達は終わりだぞ」
「構わないわ」

アビーがクインのところにケリーの皿を修復して持ってきた。

「任務完了!」
「すごいわ、どうやってヒビを隠したの?」

■ボディの家

ラムゼイから電話が掛かってくる。
電話を受けたボディは銃をギブスに向ける。

ボディを説得しようとするギブスだったが、諦めてマクギーとトーレスを呼び込む

慌ててドアに向かって発砲するボディ
ボディを射殺するギブス

■NCIS~検死室

帰還したギブス、再会を喜ぶビショップ
検死室、ボディの飲んでいた薬から、遺伝的な病気を持っていたことが判明、兄も同じ病気を持っている可能性が高い。
ラムゼイの電話の追跡で、およその地域が判明(ダズウェル)
特殊な病気なので、その地域の患者を調べればラムゼイの居場所が判明するかもしれない

■長官室

ギブスの正体がバレたのは、俺があの二人に協力を頼んでからだったと言うヴァンス

引退したNCIS捜査官と、エネルギー省副長官・・・

クインが入室、病気の患者が浮上、顔が違うが年齢は一致している

■アビーのラボ

容疑者はラムゼイと顔認識分析で96%一致、本人で間違い無し。

■ダズウェル

妻と子供を避難させてているラムゼイ

家族が離れてから突入するNCISメンバー

銃を持って室内に居たラムゼイは、しかし武器を捨て素直に出てきた。

■取調室

妻と子供に黙っていて欲しいというラムゼイ

燃料棒とエネルギー省副長官について自供する

■ギブスの自宅

尋ねてきたクイン、修理した皿を返して謝るクイン

実は皿はギブスがヒビを入れてしまったものだった
ヒビも見えないように修復されている

祖母の形見を亡くしてしまったことを母に言えないと言うクイン

ギブス「母に話せ」
クイン「言えないわ、長い話よ」
ギブス「聞こう」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事をシェアする